トップページへ戻る > 国家試験の試験科目

国家試験の試験科目

薬剤師国家試験の試験科目を見てみると

1)基礎薬学、2)医療薬学、3)衛生薬学、
4)関係法規及び薬事関係制度

こうなってますけど、???ですよね。
大きく括りすぎて、解りにくいので、
もう少し掘り下げてみましょう。 <基礎薬学>
薬剤師として働いていく上で必要な、薬学の基礎です。
この分野に含まれる学科目の例として、
薬学概論、物理化学、分析化学、生薬学、生化学、放射化学、
機能形態学(生理・剖学学)、分子生物学、
免疫学、微生物学などが挙げられます。

<医学薬学>
医療人としての薬剤師が、役目を果たすため、
安全に薬物治療を行うために必要な知識に当たる分野です。
臨床薬理学、臨床薬学概論、病態生理学、
医薬品毒性学、医薬品情報学などがあります。

<衛生薬学>
公衆衛生上の知識や技能を問う分野です。
栄養化学、環境科学、毒性学、病原微生物学、
疫学、生態学などがあります。

<薬事関係法規及び薬事関係制度>
薬剤師として仕事をする上で必要な法的知識や
諸制度についての知識、倫理規範的知識を問う分野です。
法律をまるまる記憶する暗記力を試すのではなく、
知識や理解力を問う問題で構成される傾向が強いです。

PICK UP!!薬剤師のお仕事探しでクチコミ人気NO1!の企業はこちら

薬剤師って何をするの?
薬剤師って何ができるの?
薬剤師に求められること
薬剤師の主な仕事とは
薬剤師が求められる職場とは
薬剤師はだれでも出来る?
薬系大学の6年制修了が必須
薬剤師国家試験の概要
気になる合格率は?
薬剤師になったら?
ファルマスタッフ
薬と薬剤師の歴史
薬の歴史
薬剤師誕生の背景
薬の進化の歴史
日本での薬剤師誕生
医薬分業とは?
医薬分業のメリット
もっと知りたい薬剤師
調剤って何をするの?
服薬指導とは?
医薬品の管理も重要な仕事
医薬品の製造・輸入・流通
薬品売り場と薬剤師
薬剤師の活躍の場
薬剤師の待遇
薬剤師への道のり
薬剤師の心構え
薬剤師の今後
薬の関連知識を知る
商品名と成分名とは
成分名で薬の共通点がわかる
成分により大衆薬の特徴が出る
処方箋は自分だけの薬のレシピ
どんなものを薬と呼ぶのか?
医療用医薬品と一般用医薬品
医薬部外品とは
薬局と医薬品販売業
保険薬局と薬局の違い
医薬品販売店の形態
薬の法律
薬系大学の選び方
薬系大学に入学が必須
薬科大か薬学部、どちらにする?
6年制の教育で学ぶべきこと
大学を選ぶポイント
志望校の情報集めをしよう
大学に足を運んでみよう
就職状況も重要ポイント
入試対策は理系コース
薬系大学への編入
薬系大学のカリキュラム
必須科目の数が多い
学科選択はどれを選ぶ?
授業や実習の特徴
学年ごとのカリキュラム
現場で学ぶ病院実習
病院実習で学べること
薬剤師国家試験とその他
薬剤師の国家試験とは?
国家試験の試験科目
薬系大学卒業で取れる資格
薬剤師になってから取る資格
薬剤師だと取得が有利な資格
Copyright © 2008 薬剤師の資格試験とお仕事・パート・派遣など. All rights reserved